広島県立尾道商業高等学校は,しっかりとした学力,専門的な知識・技能を身につけるとともに,豊かな人間性としっかりとした理解力を持ち,社会にりっぱに貢献できる人材の育成をめざします。

学校生活School Life

写真部

尾道海事事務所創立120周年記念事業

船上からのせとうち撮影ツアー

国際交流フェスティバルでウズベキスタンチームと記念撮影(北海道)
技術大会では指定のTシャツユニフォームを着用します。
活動内容  私たち写真部は,地道に,また精力的に各種の写真の撮影や発表の活動をしています。
 まず,写真は『光と影の芸術』です。初めて一眼レフを持ったときは,友だちのピースサインの写真しか撮れませんが,目指すものはコンテストで上位に入賞できる『芸術』としての写真です。写真部の活動を続ければ,技術は必ず上達します。光と影が織りなすシーン,微妙な光線の違いをうまく撮影できれば,すばらしい作品になります。それぞれの考えとセンスで被写体を見つけ,レンズでとらえます。
 次に,『報道』『記録』と呼ばれる写真の分野があります。わかりやすく言うと,文化祭や体育祭などの学校行事の記録です。しかし,高校野球のように真剣に競技に打ち込む被写体をうまくとらえることができれば,コンテストで通用するすばらしい写真になります。真剣に,全力でプレーしている人の姿こそ,勝っても負けても,真剣に,また全力で撮影する価値があるシーンになります。
 最後に,写真は『表現』です。文学,音楽,絵画などと同じで,作者が自分の思いを表現することができます。家族のぬくもり,友情,社会的なアピールなど,自分でテーマを決めて,自分で撮影できます。
 また,自分の思いを表現するだけでなく,被写体の思いを表現できます。被写体がなんであれ,コミュニケーションをとりながら撮影して,表現します。花や風景の美しさや優しさ,はかなさを見つけることもあれば,友だちを撮影したとき,本人さえ気づかない内面を表現できることもあるのです。
 このように,まじめに写真部で活動した人は,コミュニケーション力や表現力を身につけているのです。
大会成績等

平成26年度

○写真甲子園に応募した。(中国地区一次予選で敗退)

○広島県高校写真技術大会にて,特別賞に入賞した。

平成27年度

○朝日新聞「わたしの夏高校野球」コンテストにて,金賞(一席)を受賞した。

○広島県高校写真技術大会にて,特別賞に入賞した。

○広島県高校写真展にて,五席に入賞した。

平成28年度

○第40回全国高校総合文化祭(2016ひろしま総文)写真部門の尾道撮影会において,会場校となり,補助員として活動した。

○全国高校総合体育大会(インターハイ)において,自転車ロードレース競技とソフトボール競技の記録撮影を担当した。

○広島県高校写真技術大会にて,三席および特別賞に入賞した。

○広島県高校写真展にて,五席に入賞した。

○広島県高校写真新人大会にて,三席および四席に入賞した。

平成29年度

○北海道東川町での高校生写真国際交流フェスティバルに全国枠の代表として海外13か国と交流し,コンテストに参加した。(作品は大会HPに掲載)

○広島県高校写真技術大会にて,三席に入賞した。

○朝日新聞「わたしの夏高校野球」コンテストにて,銀賞(二席)を受賞した。

pagetop