広島県立尾道商業高等学校は,しっかりとした学力,専門的な知識・技能を身につけるとともに,豊かな人間性としっかりとした理解力を持ち,社会にりっぱに貢献できる人材の育成をめざします。

学校案内School Giide

校長挨拶

「Society 5.0」

サイバー空間とフィジカル空間を高度に融合させた

社会システムに対応できるビジネススクールを目指す。



第35代校長 小田 浩


 広島県立尾道商業高等学校のホームページにアクセスいただき,誠にありがとうございます。
 本校は,明治20年に創立以来,130年を超える歴史を誇る,広島県で最も古く,全国でも十指に入る伝統ある商業高校です。
 尾道市も市制施行120年を超え,尾道商工会議所も創立127年を迎えられており,本校は名実ともに尾道とともに歴史を刻んできました。卒業生は24,600名を超え,地元尾道はもとより県内,国内外において各界で活躍する多くの人材を輩出しております。
 校訓は「正義」「努力」「健康」であり,時代の変化に対応するビジネス教育を展開するとともに,「未来から現在(いま)を考える教育」の推進をミッションに掲げ,「Society 5.0」社会を力強く生き抜くためのキャリア教育を展開しています。
 広島県教育委員会から,商業教育の拠点校の指定を受け,地域から信頼される学校でありつづけるとともに,ICT(Information and Communication Technologyの略で「情報コミュニケーション技術」)活用モデル授業や出前授業などの特色ある取組を実践しています。また,「高等学校課題発見・解決学習推進プロジェクト」校の指定を受け,学びの変革を推進するとともに 「社会人として通用する」を基準として,尾道商業高校だからこそ学べる内容を大切にし,将来にわたって通用する知識や技術,礼節を在校中にしっかりと身に付けさせ,「尾道商業高校で学んでよかった」思える「真の尾商生」の育成を目指しています。
 今後とも本校教育に対しまして,皆様の一層の御理解・御支援を賜りますようお願い申し上げます。

pagetop